忍者ブログ

日々のあと

小川さくら。1992- 別府市育ち、京都在住。生活と活動の記録・情報。

9月のなか
9半ば、週末は東京へ。

・秋の青い空。昼下がりに高円寺到着。コクテイルで斉藤さん橋本さんと練習。右側の扉から木漏れ日と、心地よい風。橋本さんが秋の気温に「寂しい」と言ってた。

円盤で演奏。毎回私の失態を晒している。今回はピアノ。自分から落ちた地獄だった。滑稽。
2人との練習⇨本番で曲がまとまっていく流れは、ただの褒美の時間。
吉田さんの二胡の響きがじんわり胸に沁みわたった。向こう側が見えない大地の音色。

夜。Spectatorの中の、ミツザワ通信の文章を読んだ。
解ってはいるつもりだったけど、田口さんの明瞭で痛みをまとう文章を読むと 涙がほろろと溢れた。
自分がなぜ、誰からも頼まれないのに必死に曲をつくるのかにも繋がること。極端に言うと、心が死んでいないか確かめるため。心が死んだら音楽づくりも終わる。円盤の4階の部屋で、つくりかけの曲を歌って詩を書いた。

・朝。小杉湯入って、久しぶりにコクテイルでカレー、味わって食べた。辛くない。斉藤さんが音楽をつけた映画、早く観てみてみたいなー。草野心平の詩集買う。

午後、田口さんと三茶にあるフジヤマに行く。
店主渡辺さんが日々をかけてくれ、緊張。「普遍的な、語り部のようなもの」と言っていた。
田口さんと渡辺さんの、時間と他人の話/音楽と対個人の話。SNSを使っていた頃の自分も、そんなことを当たり前だと思ってやっていたなぁ と反省。
インターネットで個人の情報を拾わなくなって、自然に話が出来るようになってきている。気がする。自然、というのは 「沈黙がある」ということでもある。無理に相手に合わせた話題を提示するでもなく、表面をさらっただけの知識を言うでもなく。疑問は疑問のまま、会話の中に居ることができる。他人同士なのだから、もつれるのは当たり前。それが自然。

夕方。駅を走り回って北浦和居酒屋ちどり到着。
演奏前に皆でキムラヤ行く。腰が低い(2つの意味で)店員さんが同じスピード、同じ口調、同じ対応。で忙しく動いている。すみません、ありがとうございます、を交互に口にして。
中川祐貴さんがチェロで協演してくれる。初めてだけれど波に乗っていた、と思う。音が増幅して、歌に集中できた。のっぽのグーニーの体操のような、緻密で清々しい演奏に気持ちが踊る。


東京へは、円盤の周りの人たちに会いに行っている。東京自体は、人の多さと、建物の構造の複雑さに気が遠くなる。


・今回の旅でギターケースの取っ手がとれ、抱えて歩く羽目になった。で、帰りの道中、雨で濡れる駅の構内。足が滑って膝をコンクリートで打った。後ろを歩いていた男性が「おーっ、とー」とだけ言って通り過ぎて行った。
新幹線の中で段々膝が腫れていって、京都着いた時は歩くのままならず。近くの病院に駆け込みレントゲン
撮ったら骨折はしてないけど靭帯やっているかも。とのこと。とりあえず安静に、と言われ湿布と痛み止めだけもらう。タクシー乗ってなんとか家に帰り着く。
痛みは増すし、動けないし、誰にも頼れなくて、情けなくて泣けてくる。
何年か前、腕に火傷負った時も痛みで眠れずに夜明けを待ったことを思い出す。あの時も1人だったわ。
情けないなー。自分の不注意のせいなんだけど。とりあえず今回も夜明けを待つ。痛い。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く